森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
ハタネズミ、ヤチネズミ、スミスネズミの分類、難しそうですね。
論文読み始めたのですが、頭に入ってきません。

スミスネズミの生態もちょこっと載っているだけでした。詳しく分かってないのでしょうか?
そのちょこっとの中の主な採集生息地に、「オオシラビソ、笹群落、カラマツ高木層(笹密生)、松林・・・、と最初の方に書かれてました。

でも笹を食べるとはなかったですが・・・。

そうですか、スミスネズミですか。
投稿者:三四郎
take隊員へ

頂いた2匹は、ハタネズミではなくスミスネズミだと結論付けました。
ぼくのブログかHPで詳細をそのうちアップします。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
投稿者:take隊員
調べてくださりありがとうございます。
やはり歯の幅からは分からないのですね。

ネットで調べたら、ハタネズミやスミスネズミが植物の根や茎を食べるとあったから、やはりアカネズミよりハタネズミの方だろうと思いました。

でも、笹を食べることに触れた情報はなかったですね。湯河原は笹が豊富だから知見できたのかもしれません。
しかし、笹って栄養あるんですかね〜。ウサギ、イノシシについでネズミまでも、です。
投稿者:三四郎
take隊員からプレゼントされた白銀林道のハタネズミ2匹と丹沢のアカネズミ1とハタネズミ1の下顎の切歯を見比べました。

しかし、同じくらいの幅で大差はありません。

ぼくは、食性から判断して、これほどまでに笹の茎を食べるのは、アカネズミではなくハタネズミであろうと思います。

尚、頂いたハタネズミ2匹はハタネズミかどうか?
ハタネズミ亜科のネズミであることは確実だが、丹沢や霞ヶ浦のモノと比べると小さいのです。

いずれにしても、下顎の切歯の幅では区別できない。


http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ