森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
隊長へ
写真では分かりずらいかもしれませんが、左側が後ろ足の腿から下部分、右の骨の先にはこれも後ろ足がそのまま付いてます。

これをそのまま残し、持ち帰ったのは一部の毛だけ。いまさらながら失敗したと思ってます。
せめて埋めてくればよかった。


ニシメガネザルさん
そうなんです、どう疑ってもクマタカなのです。
大きさ的にトビの可能性を考える人がいるかもしれませんが、そもそもボリュームや形が違うし、トビが一羽で新鮮なウサギを食べている状況はどう考えてもないです。

ノスリのようにフワッと飛んですぐ林に消えて行くのからも違いますね。トビなら上へ上がり、しかも未練たらしく空を舞いそうです。

また不思議な鳴き声がしたのは死骸のあった場所から20、30m森へ入ったあたりの木の上。
なぜそんなに詳しく特定できるかというと、死骸の場所は観察しているリスの巣の木から6、7メートルなのですよ。

この鳴き声の主か、もしくはペアか親なのも間違いないでしょう。
この鳴き声は初めて聞いたもので、その1時間後ぐらいの死骸の発見でした。

あらかた食べられてない方がうれしかったのですが・・・。


野良子さんへ
死骸の場所は以前松の木からゆっくりワサワサと飛び立ったクマタカの場所から200、300mってところでしょうか。

私もこのクマタカが居着いているのかどうか疑問でした。

実はわりと最近、この山道から飛び立つ大きな猛禽を見ているのを思い出しました。
このときは距離もあり、ノスリじゃないかと思ったのです。残留物にも気付かなかったし忘れてました。
これもひょっとしてクマタカかもしれませんね。

ただクマタカはノスリ同様上空をよく舞うらしいのですが、これを一度も見てないのです。

まああれだけウサギの痕跡があるから、森の中の木の枝で待っていれば空を舞わなくても見つけられるのかも。

楽しみが増えましたね。
投稿者:野良こねこ
先日生物調査の人が、クマタカは丹沢にはいるけど、箱根は丹沢のがたまに回遊してくるくらい、と言っていました。
でも、丹沢より湯河原・箱根の方が、ウサギは多いような気が・・。
湯河原で営巣しているのだったら、是非見てみたいですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
投稿者:ニシメガネザル
すごい! すごすぎますね。そもそもクマタカがいるとは! でも、あたらかた食べた後でよかったですね。。。

http://blog.goo.ne.jp/nishime_001/
投稿者:三四郎
食べ残された部分や骨を知りたい!
丹沢で猛禽のノウサギの食べ残しを拾ったときは、後足など下半身部分だった。


http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ