森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
k-ta隊員へ

やはり成長し花が咲いた状態を見ないとダメですね。
まあ、一年を通してみていこうと思っているのでそのうち少しは理解できるようになるかと思ってます。
これからも指導のほどよろしくです。

オタマジャクシの足の模様、私も初めて見て驚きました。子供のときからもう出来上がっているんですね。
投稿者:k-ta隊員
イラクサ科、むずかしいです。先日のものはわかりませんね。今日のはコアカソでいいのじゃないかと思います。1〜2メートルなら1メートルもありです。いずれにしても花が咲いて、株も成長したものを観察するのがいいですね。図鑑も若い時期の写真とか載っていないですから。

オタマジャクシの足、はっきり縞模様になっているんですね。
投稿者:take隊員
涸れない水たまりを造ると簡単に書いてしまいましたが、かなり大変な作業になりそうです。
どうやったらできるか、今から研究していきますね。

キスはよい人で30匹ぐらいでした。
あと、カサゴやホウボウ、大サバ、大アジなどにぎやかになり楽しそうでした。

コアカソ、木になっているところも観察したのですが、1〜2メートルというところでくじけました。
せいぜい1メートルなのですよ。
投稿者:三四郎
オタマがいる水溜りが枯れそうになる。
どうにかして日陰を作って、水が干上がるのを防ぐ。
良いねぇー。
そして今日はキス釣りに行く。
さらに良いねぇー。

コアカソ(木本)は下部は木になっているよ。
先日のはぼにはアカソ(草本)に見えたが、ヤマボウシさんがお手上げなら、、、、、。

http://tanzawapithecus.blogspot.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ