森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
そうですね、真鶴湯河原あたりは食べ物が豊富かもしれませんね。

ただまた別の動画の中に、渋谷の繁華街のビルの電線を渡るハクビシンを映していたし、住宅街の駆除の様子などから都市部にもかなり進出しているのは間違いなさそうです。

藤沢でも多いのじゃないですか?
投稿者:take隊員
別の動画の中に窓の外の猫のエサ、ボールに入ったキャットフードを食べる若いハクビシンが撮影されていて、窓の内側に猫が3匹いて、見ていたのもありました。

撮影者が窓を開けてもハクビシンは逃げず、そのままエサを食べてたし、猫は外へ出なかった。

これからみると、性格のおとなしい飼い猫は完全に負けてますね。
子猫が襲われても守れない母猫というのもかわいそう。

木登りは猫より上手いし、猫の天敵になりそうですよ。
投稿者:三四郎
真鶴付近は、ハクビシンの生息密度がすごく高いのかな?

魚のおこぼれはゲットできるし、ちょっと登れば果樹園だらけだ。

飼い猫は食べ物には贅沢になっているようなので、ハングリー精神?に欠けるだけにハクビシンに負けてしまうかな?



http://tanzawapithecus.blogspot.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ