森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
issyo, kさま

黒船に驚き、ちょんまげ和服から、洋風へ一気に変わった衝撃がいまだに続いているということでしょうか。
しかし風土まで失ってしまったら、根無し草となり、漂い続けるしかないです。

岩戸山植物相をみたら、そちらにはすばらしい自然が残っているのが分かります。
ぜひブログで紹介してください。

一度植物観察などに行ってみたいと思ってます。タイワンリスの進出も気になってます。
投稿者:issyo, k
takeさま こんにちは

明治開化以後、日本人は西洋コンプレックスを持ち続け、自国の文化を軽視し、西洋文化を見習って来た。
それが、未だに尾を引いてるんじゃないですか?
植物も同じで、何でも外国の珍しいものを求めて、自慢している連中を見ると、腹が経ちます。
というより、そんな連中ばっかりですよ。

ところで今日は、久し振りに岩戸山に行って来ました。一週間分のブログ用写真を撮って来ました。


http://blog.goo.ne.jp/issyo_2010
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ