森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
あっ! コメントに気づかずすみませんでした。

こいつに水中で出合うとは、恐ろしいですね。
そうですか、煮たらやはり溶けましたか。しかし、持ち帰るのもすごい!

そうですね、何も無い深い中層を泳いでいるのが、浅瀬初体験となると、狂ってしまうのかも。
納得です。

ありがとうございました。

投稿者:尚 nao.
すみません。「水深200m以深」でした。
投稿者:尚 nao.
ミズウオ…ずいぶん昔ですが、ダイビングでエントリー直後に出会ったことが。
バラクーダ!…がいるわけないし、ミズウオか!とかなり驚きました。
そいつは結局自分で岸に乗り上げてご臨終。
一緒に潜った知り合いが持ち帰りましたが、やっぱり煮たら肉は溶けてしまったそうです。

こいつらは水深200mとかが生活域のはずなので
浅いところに来ると方向感覚とか浮力とかうまく調整できないのかもしれませんね。
投稿者:take隊員
魚の頭骨って、形がそのまんま残るのでしたっけ?
軟骨が多く、煮付けなどくずれてしまうように思えるけど、考えてみたらちっとも観察してないですね〜。

魚が陸にあがるのは本能に反した行為のはずですが、ホントに不思議です。
投稿者:ニシメガネザル
ミズウオ! 頭の骨欲しい! ミズウオって、陸に上がって元気な感じで目撃されるのをたまに聞きますね。陸で追いかけられたって言う話も…。不思議ですね〜。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ