森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
そうなんですよ。
風がないから地元でも陸の人は大荒れの海を知りません。
ただ海岸線をクルマで通ったら、驚いたと思います。

我が家では海鳴りはよく聞こえますよ。
昨日はカミサンも気づいてました。

ただ、いまの家は気密性が高いから外の音はなかなか聞こえませんね。森のフクロウの鳴き声を聞く人はいませんよ。

投稿者:三四郎
海はやはりそんなに荒れたんだ!
釧路の家は海から7キロ近く離れているが、子供の頃海が荒れていると海鳴りが聞こえたものだ。

この湘南台は、江の島から9キロ離れているが、50年くらい前までは、海鳴りが聞こえたようである。
そうやって、昔の人々は陸に居ても海の恐ろしさを知ったものだ。
が、今はどんなに荒れても海鳴りを聞くことができない。

take隊員には心配なことだが、もう一度あの恐ろしい海鳴りを聞いてみたくなった。

http://tanzawapithecus.blogspot.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ