Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2006.10.2 国体遠征四日目

国体競技二日目、クライミング競技。ようやく私の出番である。七番目という早い出番に合わせて、昨日調整してきた。その甲斐もあってか、今日は私らしいテンポでクライミングができた。様々な人からの声援を受け、さらには周りの人に迷惑をかくて参加したという経緯もあり、今回はいつもと違い、かなり緊張した。
それだけ集中できていたのだろう。結果は94人中14位。これまでの私自身の成績を考えれば、上出来ではないだろうか。
終了点の下のヌンチャクにクリップしようとロープをたぐってカラビナに指をかけたそのとき、右足がスリップしてフォール。
全くパンプしていなかった…ただ、身体張力が不足していたのだろう…か。成果自体は良かったが、つまらないフォールをしてしまった。今までで一番悔しい。まだ体力は本当に残っている。能力を出しきれなかった。ただ、これが実力なんだろう…仕方がないが悔しい。
コンペは完登しなければ意味がない。…今回は、私より上に行った選手に対しても、下で落ちた選手に対しも応援する気になれなかった、拍手する気にもなれなかった。誰かが私より上に行けば、その人を心からたたえる事はできないし、誰かが私より下で落ちれば、心のどこかで安心してしまう。やはりそんな気持ちで拍手はできない。

〜今はまだ、コンペが何なのかよくわからない。ひとつだけ言えるのは、完登すればこんな気持ちにならなくて済むということだ。

最後に
『応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました。おかげさまで、私自身、気持ちを込めて国体に挑むことができ、そのせいか様々な収穫を手にすることができました。本当に感謝!』

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:tajippei
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ