Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

オロナミン V10

11月15日(月)

節々に微妙な痛みを感じながら鹿児島藺牟田へ。
狙うはオロナミン。

クリックすると元のサイズで表示します

前回MOVEをばらしていたのであとは繋げるのみ。
とはいえそれぞれのMOVE強度が高く登れる気はしない。

12時取り付き。
ウォームでMOVEの確認。
修正はなし。

つなげに入る。
クリックすると元のサイズで表示します
前回ルーフ抜けのリップとりで苦戦したが、
今回は確実に捉えれる。
しかし、その後の足送りで左手カチが開いてしまいすっぽ抜け落ちをする。

そこで手前のリップ取りのMOVEの練習を繰り返す。
クリックすると元のサイズで表示します
すると、多少左手のダメージを抑えれるようになった気がした。

再びつなげに。
リップを綺麗に捉えることができた。
左手のダメージはあまりない。
足送りも成功。

細かく手を進め、
詰めのトゥを決める。

あまりしっくりきていなかったが、決めなおす余裕が無かったため突っ込む。

クリックすると元のサイズで表示します

右手、かろうじてとまったが思い切り振られた。
際どいところであったが
半利きのトゥは擦れ擦れで残った。

耐えれたことに驚きながら
チャンスをものにするため、
そのまま動き続け、マントルを返す。


オロナミンV10 完登


クリックすると元のサイズで表示します

びっくりした。
足送りが初めてできた回に登れるとは思っていなかった。

登れると易しく感じる。

調子に乗ってもう一回やってみる。
するとリップ取りで大失敗…。
やらなければ良かった…。
全然易しくない。


その後、のんびりしながら周辺の課題をやる。
そのついでにダッコV12を見に行く。

山を降りながらそのルーフが目に入った瞬間、
かなりワクワクした。
かっこいい。

駆け寄ってHoldを確認すると、
やはり悪そうだ。

MOVEを思い描くとさらにワクワクする。
『 こいつは登らせてくれないなぁ〜、きっと 』

取り付かせてももらえなさそうな悪さ。
フレッシュなときに。

荷物をおいてる場所まで戻るとすでに2時過ぎていた。

慌てて移動。
目指すは竜石。

場所はこないだ聞いたので、
とりあえず偵察。

クリックすると元のサイズで表示します

急坂がきつい…。
くたばる寸前に鳥居が見える。
そこが到着点とは限らないが期待した。

クリックすると元のサイズで表示します

鳥居をこえると、

クリックすると元のサイズで表示します

竜石到着、安心すると共に驚いた。
ロケーション抜群、岩も凄い、
さらにルートもかっこいい。

藺牟田がますます好きになった。

クリックすると元のサイズで表示します

偵察も終わった頃、現実に戻る。
マットを持って来ればよかったと…。

もう一往復せねばならないのか…。

少し休憩し、開き直って来た道を戻る。

16時、岩にしがみつく。
時間が無いため、すぐに龍を。
次回のために高難度を取り付かねばならなかった。

龍の核心部は明確中間部の数手であろう。

完全に打ちのめされた。
MOVEすらばれない。

日暮れまでしつこく同じ場所にへばりつきかろうじて形にはなった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オロナミンで指先維持の非力さを感じ(あれば自動化する前に登れるチャンスがあった)、龍ではHardMoveの弱さを痛感した。


強くなりたい。
とりあえず、また来よう。

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱりclimbingは楽しい。




0
投稿者:tajippei
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ