Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Gouとハリーと八面山

3月9日(木)
Gouとハリーを連れて八面山へ。
向かったのはクラシックな課題が多い分岐ボルダー。

まずはパーシャルエクリプスの岩へ。

岩場デビューのハリーに、
クラシックな名課題パーシャルエクリプスV0をさせる。

クリックすると元のサイズで表示します

これは気持ちよく完登。
岩の醍醐味を味わってもらったところで本題。

昔からある名無しのV2とV3を二人にさせる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

案の定、はまる。
得るものがあるのは高いグレードの課題だけではないということと、
足の大切さに気付いてほしかった。

しばらく打ち込んだが、
Gouは2本、ハリーは1本完登。
上出来だ。

その間、私は分岐のフェイスV7をやった。
この課題もクラシックなLineのひとつ。

クリックすると元のサイズで表示します

いつやってもやさしく感じない。
辛うじて完登(再登)。

3人とも落ち着いたので、チェルシーの岩に移動。

クリックすると元のサイズで表示します
ハリーには少し厳しかったが、まぁ経験ということで許してほしい。
私とGouはチェルシーチェインSDSを攻める。

以前、一応登ってはいる。
しかし当時(2006年あたり)は左カンテからスタートしV7としていた。
カンテのSDSはずっと違和感があった。
ハング面からのSDSの方が美しい。

今回は違和感を無くすべくハング面から攻める。

30分程度要したが、何とか完登。



チェルシーチェインSDS V9

〆に石舞台。
難易度はない。
ただただスケールがあるだけのこの岩。
ハリーに純粋に岩登りの楽しさや達成感を味わって欲しかったので〆に選んだのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
びびりながらも見事に完登。
私らもクールダウンの後に景色を堪能し撤収。

良い一日だった。


2
投稿者:tajippei
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ