Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

『 こんなのboulderingじゃねぇ・・・ 』 

旧JOYからの友人、ハマが帰り際に言った一言

『 こんなのboulderingじゃねぇ・・・ 』

その言葉が心の中で響いて鳴り止まない。 
最近のJOYのクライミンガーにあてた一言。
私もものすごく共感してしまった。


彼等はよく言う。
『 俺はこの課題一撃でしたよ 』
『 みんなが登れない課題を造りました 』
『 あなたはリーチがあるから登れるんです 』

確かに他人の成果は私も気になる。
セッションして負けたくないのは当然だ。
一部の人間のように、無理に他人を意識から遠ざける必要はない。


しかし、ボルダリングの魅力は競うことだけではない。

自分と心から向き合えるところであろう。
自分のペースで登ればいい。


登りたい課題があって、
その課題を、
『 俺は一撃しましたよ 』
と言われたら、課題自体の魅力だけで取り付けなくなってしまう。

それこそ
『 そんなのboulderingじゃねぇ 』 だ。




どちらにせよ、私の教育が足りていないのであろう。

一つだけいえるのは、
仲間になれる人、そうでない人、それがはっきりしている。









〜余談だが、最近私は頻繁に大会に出るようになった(昔に比べ私なりに。)
そこで知ったことなのだが、大会で活躍する人たちも意外なほどにガツガツしていない。
競争心も確かにあるのだが、実はそれ以上のものを持っている。

九州のTOP CLIMBERたちもそうだ。
近々JOYWALL CUPもあるので、
そのとき、
ぜひ感じてほしい。
彼等の本質を。

必ず得るものはあるはず。それは私が保証する。



1
投稿者:tajippei
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ふれでりっく
『 俺は一撃しましたよ 』

に匹敵する名言

『 あんなの裸足で登れますよ 』
投稿者:いとぅ
最近……に限ったコトではなぃけど

自分のペースで登れてなぃと思う

気になるのは、他人の成果と結果


楽しまなきゃ。やってく以上は


AutoPage最新お知らせ