MINTETSU teacup AutoPage〜鉄道中心の乗り物ブログ

MINTETSU teacup AutoPageにお越し下さいましてありがとうございます。近畿圏の鉄道を中心に乗り物の話題を取り上げているブログです。

 
長瀬〜弥刀間を走るブツ6の区間準急です

ご挨拶です

 MINTETSU teacup AutoPage〜鉄道中心の乗り物ブログにお越し下さいましてありがとうございます。このブログは近畿圏の鉄道を中心に乗り物の話題を取り上げています。また不定期更新ですがトップ画像もございますので併せてご覧下さいm(_ _)m

コメントについて

 このブログではコメントの投稿が可能です。各記事の「コメント」の部分をクリックして下さい。表示は確認してから行いますので時間がかかることがありますが、予めご了承下さい。なお返信は出来る限り早めに行いますが、事情により返信出来ないことがありますのでご了承下さい。

レイルラボ

 レイルラボは鉄道ファン・鉄道利用者が集い、情報収集・交換するためのコミュニティサイトです。私も参加していますのでどうぞご覧下さい。

Twitter

 2020年9月17日よりTwitterを始めました。あちらでも鉄道を始め乗り物を中心に色々なことを取り上げていますのでどうぞご覧下さい。

鉄道コム

 当ブログは鉄道コムのブログランキングに参加しています。宜しければバナーのクリックをお願い致しますm(_ _)m

リンクについて

 当サイトはリンクフリーです。 相互リンクをご希望の方はメールにて連絡をお願いいたします。 tobufan31601@yahoo.co.jpです

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Yoshi@TJ Line
>モーターマン様

二子玉川駅がまだ二子玉川園だった頃は外側の1番線・4番線を大井町線が使っていたので便利な時と不便な時があり、大井町方面から溝の口に行きたい時に4番線に着く列車に乗ってしまうと階段を使って2番線に移動しなければならなかったので大変でした。
大井町線所属車は元からデザインが他の形式と異なる6000系を除き前面の赤帯をオレンジのグラデーションに変え、「大井町線」のステッカーを側面を含め沢山貼っているので誤乗防止と宣伝効果がよく出ており、「昔の東急だったら有り得ないことだけど」って思ってしまうこともあります。あと各駅停車を線内完結は緑、田園都市直通(二子新地・高津にも停車)は青と分けたのは上手いやり方だと思っています。

http://white.ap.teacup.com/tobufan31601/
投稿者:Yoshi@TJ Line
>えびちゃん様

確かに橋梁上での折り返しは珍しいですね。大井町線の見所の一つでしたが、溝の口延伸により過去のものになってしまいました。

http://white.ap.teacup.com/tobufan31601/
投稿者:モーターマン@携帯
二子玉川園駅時代は外側(1・4番線)に大井町線ホームがありまして、時間帯によって発着番線が変わっていた為、運悪ければ階段を渡って乗り換えなければなりませんでした。
改良工事により二子玉川駅は大きく生まれ変わり、現在の姿になっております。
これによって、例の階段を渡っての乗り換えは解消されました。

大井町線に配属されている8500系8638F〜8641Fはラインカラーがオレンジのグラデーションに変わって、田園都市線の誤乗を防いでおります。
また、大井町線が大井町〜溝の口間を結ばれたことによって、例えば自由が丘駅から高津駅まで乗車するのに二子玉川駅での乗換が省けるようになりました。
青各停と緑各停で青幕白文字と白幕緑文字で区別しているのは、二子新地・高津駅停車と通過で利用者に分かりやすい案内にもなっていると思います。
投稿者:えびちゃん
二子玉川〜溝の口が複々線化される前の大井町線は多摩川の橋梁上で折り返していましたね。
橋梁上の折り返し線は珍しかったと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ