MINTETSU teacup AutoPage〜鉄道中心の乗り物ブログ

MINTETSU teacup AutoPageにお越し下さいましてありがとうございます。近鉄を始め鉄道など乗り物の話題を取り上げているブログです。

 
松阪急行に充当される近鉄2610系X21です

ご挨拶です

 MINTETSU teacup AutoPage〜鉄道中心の乗り物ブログにお越し下さいましてありがとうございます。このブログは近鉄を中心に鉄道やバスなど乗り物の話題を取り上げています。また不定期更新ですがトップ画像もございますので併せてご覧下さいm(_ _)m

コメントについて

 このブログではコメントの投稿が可能です。各記事の「コメント」の部分をクリックして下さい。表示は確認してから行いますので時間がかかることがありますが、予めご了承下さい。なお返信は出来る限り早めに行いますが、事情により返信出来ないことがありますのでご了承下さい。

レイルラボ

レイルラボは鉄道ファン・鉄道利用者が集い、情報収集・交換するためのコミュニティサイトです。私も参加していますのでどうぞご覧下さい。

鉄道コム

 当ブログは鉄道コムのブログランキングに参加しています。宜しければバナーのクリックをお願い致しますm(_ _)m

リンクについて

 当サイトはリンクフリーです。 相互リンクをご希望の方はメールにて連絡をお願いいたします。 tobufan31601@yahoo.co.jpです

過去の記事はこちらです

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Yoshi@LC5820
>A80&481様

 1500形鋼製車は重量の問題もあったのか全M編成なのに増圧ブレーキが設置されませんでしたね。それ故に本線の運用にも入るもののメインは大師線になっていますね。
 京急は支線内での折り返し列車用に両矢印の区間表示(京急川崎⇔小島新田など)を用意していますが空港線で8両編成の普通車が「京急蒲田⇔羽田空港」を表示していたのを見た時は驚きましたね。ちなみに私の場合両矢印表示と言えば東武東上線系統になりますね。種別に関係無く「池袋⇔小川町」のような表示が当たり前で、特急でも小川町発着だと両矢印を優先的に使ったので「何処までこだわるんだ?」って思ったこともありましたね。

https://raillab.jp/member/yoshi-9820
投稿者:A80&481
こんばんは。
1500番台鋼製車は車体更新してから20年近くになりますが、更新時に増圧ブレーキの対象外となり、どちらかというと大師線専属という印象があります。本線に入らないわけではないのですが、本線の場合は4連単独あるいは120キロを出さない快特・特急運用に限られるため、扱いにくい面もあります。
京急は800形が引退すれば直流電動機を搭載している車両は1500形鋼製車とアルミ車の4連2編成になり、こちらも合わせて今後の動向は目を離せません。

大師線の折り返し表示は「京急川崎⇔小島新田」が基本で、他社と違って単独表示があります。京王も6000系が現役だった時代、ひたすら往復メインの競馬場線と動物園線の方向幕は「東府中⇔府中競馬正門前」「高幡不動⇔多摩動物公園」を表示することがほとんどでした。しかし、そのような表示では見づらいという理由でそうこうしているうちに単独表示になってしまいました。1980年代までの井の頭線や2000年ぐらいまでの東武東上線も単独表示ではなかったかと思います。

http://tetsudonakama.blog82.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ