MINTETSU teacup AutoPage〜鉄道中心の乗り物ブログ

MINTETSU teacup AutoPageにお越し下さいましてありがとうございます。近鉄を始め鉄道など乗り物の話題を取り上げているブログです。

 
今は見られない2色混成の名伊乙特急です

ご挨拶です

 MINTETSU teacup AutoPage〜鉄道中心の乗り物ブログにお越し下さいましてありがとうございます。このブログは近鉄を中心に鉄道やバスなど乗り物の話題を取り上げています。また不定期更新ですがトップ画像もございますので併せてご覧下さいm(_ _)m

コメントについて

 このブログではコメントの投稿が可能です。各記事の「コメント」の部分をクリックして下さい。表示は確認してから行いますので時間がかかることがありますが、予めご了承下さい。なお返信は出来る限り早めに行いますが、事情により返信出来ないことがありますのでご了承下さい。

レイルラボ

 レイルラボは鉄道ファン・鉄道利用者が集い、情報収集・交換するためのコミュニティサイトです。私も参加していますのでどうぞご覧下さい。

Twitter

 2020年9月17日よりTwitterを始めました。あちらでも鉄道を始め乗り物を中心に色々なことを取り上げていますのでどうぞご覧下さい。

鉄道コム

 当ブログは鉄道コムのブログランキングに参加しています。宜しければバナーのクリックをお願い致しますm(_ _)m

リンクについて

 当サイトはリンクフリーです。 相互リンクをご希望の方はメールにて連絡をお願いいたします。 tobufan31601@yahoo.co.jpです

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よしくん
●モーターマン様

コメントありがとうございます。日比谷線03系の5扉車ですが、登場当初は私も驚きました。今まで通勤電車といえば一部の例外を除いて18m車は3扉、20m車は4扉が当たり前だと思っていただけに、この編成の登場時は「何だこの03は!」と思ったほどです(^_^;)
5扉車が登場した時、東武線内で5扉扱いをしなかったのは私も知っています。整列乗車のためと言っていますが、他にも東武線内では階段がホームの真ん中にある駅が多く、5扉車の効果が半減しているというのも1つの原因ではないかと思います。5扉扱いをするようになったのは東武が同じ5扉車である20050系を新造してから少し経った1993(平成5)年3月末のことです。

また、当時の営団では日比谷線03系で5扉車を新造した後、東西線05系で10両編成全車の側扉を1800mm(乗務員室後ろのみ1300mm)としたワイドドア車を登場させました。しかし東西線ではそれほど効果がなかったのか、5編成のみの新造で終わり日比谷線03系のようにはいかなかったようです。


http://white.ap.teacup.com/tobufan31601/
投稿者:モーターマン
1990年新造の03-109Fより5扉車の投入が始まり、当初は1編成のみということもあって、運用時刻が一部の列車に限定されてました。たしか平日ダイヤでは40S等だったような記憶です。
当初は内側が薄緑色の2箇所は東武線内では開かず、日比谷線内と東横線内のみで使用されてましたが、のちに東武線内でも使用されるようになりました。その間車内には「この扉は東武線内では開きません」のステッカーが貼られてました。
5扉車も03-128Fまで採用されて必要数に達したことから03-129F以降は再び元の3扉に戻ったみたいです。
そうそう、前面の「5DOORS]のステッカー2度張り替えられました。

23日(土)の5扉車確認情報
02S:03-128F 06S:03-122F 12S:03-111F 14S:03-117F
54S:03-115F 62S:03-119F 66S:03-109F

私が見てると、03-109Fは土休日ダイヤだと66Sに充当されることが多いです。「もしかしたら今日も66Sかな?」と思って確認してみました。そうしたら思ったとおり66Sでした。03-109Fは5扉車で唯一側扉窓ガラスが1枚構造のもので03系の中でも特徴ある編成です。
投稿者:よしくん
●もみ山様

いつも当ブログを見ていただきありがとうございます。東武沿線在住時代に大量に撮影していたこともり、しばらくは東武の記事を多く取り上げられそうです(^_^)
今回取り上げた東京メトロ日比谷線の03系ですが、私が主に撮影する伊勢崎線の複々線区間で多く見られ、草加では半蔵門線8000系・08系と並ぶ姿も見られます。


http://white.ap.teacup.com/tobufan31601/
投稿者:もみ山
いつも興味深く読ませていただいております。東武沿線で生まれ育ち今日に至っております。これからも、東武中心でお願いします(^^)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ