2020/6/29

ヒヨドリのひなが誕生  野鳥

巣作りを確認してから20日、巣が完成してから17日たった。
産卵日は確認していないが2週間は経過したかもしれない。
そろそろひながかえってもよい頃と心配していた。
今朝は、いつも通りの姿勢で親鳥は卵を温めていた。
8時過ぎの巣を見に行くと、親鳥は巣を離れていた。

急いでスマホを挿入して中を観察したらひなが確認できた。
素早く撮影することが至上命題であり、ピンボケ写真となってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

割れた卵は2個分だろうか?
ひなが4羽いるように見える。

この2週間、本の一時を巣を離れることがあっても、それ以外の長い間、同じような姿勢で卵を温めていた。そのけなげな姿に感動したものである。

とにかくひなが孵ってよかった。


2020/6/21

ヒヨドリの巣  野鳥

鳥の巣は6月9日に作り始めているのを確認、12日にはしっかりしたものに仕上がっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

これは17日にヒヨドリが卵を温めているところ。

いつも早朝に親鳥は餌を食べに出掛けているので、鏡で確認したら、4個の卵があった。

ちょっとかわいそうだったが、写真を撮るために、卵を温めているところに近づいた。親鳥はキーキーと鳴き声を上げて逃げて行った。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな鳴き声を上げて逃げたが、30分後にはいつもの姿勢で卵を温めていた。

2020/6/20

百日紅の花が咲き始めた  

昨日は1日雨で気温が低かった。
夜になって雨は上がり、今朝は良い天気だった。
西の空に富士山はくっきりと見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

頂上付近の積雪はなくなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は雨だったため確認しなかったが、今日は道路際の百日紅の3株で花が咲き始めていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ピンクが2株で、紫が1株。

クリックすると元のサイズで表示します

道路際のバラも10年近くたって、ようやく花がちゃんと咲くようになってきた。やせた土地に何も施さずに植えているので仕方のないことである。

クリックすると元のサイズで表示します

キバナコスモスは2週間ほど前から花が増えてきている。

クリックすると元のサイズで表示します

芝を敷いたところにはナジバナが咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します

2020/6/12

今朝も富士山が見えた  富士山

おとといの富士山がしばらく見納めの富士山と思っていたが、今朝も富士山を眺めることができた。

クリックすると元のサイズで表示します

関東は昨日梅雨入りしたとみられる。平年は6月8日なので3日遅れとなる。
梅雨入りの時期に梅雨明けの話だが、関東の梅雨明けは、富士山頂の現地気圧が650hPaを超えた日だという判断基準を個人的には用いている。
ところで、本年は梅雨入り前から猛暑日の観測点が出ていたりする。実は6月9日に富士山頂の気圧は653.6hPaまで上昇していた。まさに梅雨明け直後の天候となっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山の積雪はさらに少なくなっている。

梅雨に入るとアジサイの花が生える。

クリックすると元のサイズで表示します

宿根サルビアの花も撮影した。長く咲くので、かえって写真を撮らなくなる。
よく見ると、他にない形の花だ。

クリックすると元のサイズで表示します

本年4番目のスイレンの花が咲いた。昨日から咲いていて、写真も撮影したのだが、昨日は忙しくて写真を上げられなかった。これは今朝の写真。一番形がよい頃となる。

クリックすると元のサイズで表示します

ライラックの木の低いところに鳥が巣を作った。胸の高さぐらいの所だ。
火曜日に荷造り用テープの割けたようなものが木にまとわりついているのに気がついた。それを苦労して取り去った。
水曜日になって、もっとたくさんまとわりついていた。
小枝類もあったので、鳥の巣の作りかけと気がついた。
木曜日には、巣に近づいたら、鳥が慌てて逃げて行った。
ヒヨドリより少し小型の鳥のようだ。
鳥の名前に詳しくない。
今朝見ると、ここまでしっかりした巣になっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

水道メータの真上に位置し、毎朝メータの数値をチェックしているので気がついた。

2020/6/10

今日の富士山はしばらくの間の見納めか  富士山

昨晩は気温が下がらなかったが、明け方は21℃まで下がった。
今朝はよく晴れていて、富士山はくっきりと見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

積雪はだいぶ少なくなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

今日東海地方まで梅雨入りし、これから関東も曇りや雨の日が多くなりそうだ。
今朝の富士山は、当面の見納めになる可能性がある。

今日も、早朝を除いて富士山は見えなくなった。

この次見えるときは、雪はほとんどなくなっているかもしれない。

2020/6/8

杏子ジャムができた  料理

収穫した30個ほどの杏子を使って昨晩から作り始めた杏子ジャム。
昼に砂糖を加えてジャムに仕上げた。

クリックすると元のサイズで表示します

2017年には大量の収穫があり、たくさん作れたが、今年は小さな瓶1本プラスアルファのみ。

砂糖を加える前の味見をしたら、こんなに酸っぱいのだということが分かった。
個人的には杏子ジャムの味は花梨ジャムより好きだ。

アジサイの花が咲いているので、撮影した。

クリックすると元のサイズで表示します

このアジサイは、毎年少しだけ花を咲かせ、株は大きくならない。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらのガクアジサイは、ほっておくと巨大に成長してしまう。花もたくさん付けるが、ここの花の形はいまいち整っていないので、株全体で見ると花のボリューム感に欠ける。

2020/6/7

3つ目のスイレンの花が咲いた  

ここのところ薄曇りや曇りの日が多い。昨日は横浜や川崎では一時的に雷を伴う強い雨が降ったようだが、当地は一切のお湿りはなし。植物は水切れ気味だ。

そんな中、スイレンの今年3番目の花が咲いた。今度の花は早起きだ。

クリックすると元のサイズで表示します

この花は名前を知らない。また写真を撮ったこともほとんどないので、撮影した。

クリックすると元のサイズで表示します

五月の赤い花が咲いている。40年ほど前、植木市で購入し、しばらく鉢植えで育てていたものだ。30年前に地植えしたものが育っている。

クリックすると元のサイズで表示します

コンボロブルスの花は終わりに近づいている。4月初めから咲いているから、いろいろなところで2か月以上先続着たことになる。これは南側の庭のもの。まだ花が多い。

杏子の実が地面に落ちていた。収穫時と思い、昨日すべて実を摘んだ。30個ほどの収穫だった。一晩水に浸けたら、半分はかなり柔らかくなった。今日、煮始めた。明日ジャムを完成させるつもりだ。
クリックすると元のサイズで表示します

2020/5/30

天気の良い日が続いている  富士山

ここの所、天気が良い日が続いている。
少し北の方になると、雷雨が降ったりしているようだが、当地は少し曇るぐらい。
昨日も天気が良かったが、富士山の方角には雲があった。

クリックすると元のサイズで表示します

これは今朝の富士山。

クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ積雪が減少した。なにかの雪形が見えるだろうか?

今日も昼すぎから雷雨となるところが多いとの予報だ。当地は昨日より雲が少ない。

2020/5/24

睡蓮の花が咲いた  

今朝はよく晴れた。その割には気温は17.3℃までしか下がらなかった。このところ気温が低い日が続いていたが、今日は気温が上がるという。

西の空には、雪が少なくなった富士山が見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

青い縞模様が目立ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

2日前の夕方に睡蓮の花が半分開いた。

クリックすると元のサイズで表示します

これはおとといの朝のつぼみである。まだつぼみは硬かった。
朝開いていないので明日咲くのだろうと思ったら、夕方に花は半分ほど開いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

これは昨日10時前の様子である。
今朝7時にはまだ花は開いていなかった。
少し寝坊のスイレンとなっている。

2020/4/14

つつじが咲きそろう  

今日は快晴。昨日の雨で空気もきれい。
北風も昨日ほどではなく、春らしい気候となった。

富士山はきれいに見えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の大量の降水で富士山は白さを増した。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の春の花は早い。
ボタンの花が開いた。

クリックすると元のサイズで表示します

強い日差しで、コントラストの強い写真となった。

クリックすると元のサイズで表示します

つつじも花が早く、白花はすでに盛りを過ぎて、花弁が茶色になってきた。
麒麟も今が盛り。

クリックすると元のサイズで表示します

太陽も7分咲き。

クリックすると元のサイズで表示します

これは日当たりの悪い南側の太陽。

クリックすると元のサイズで表示します

日差しが強く、白い花が目にまぶしい。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ