思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2018/12/7

凸ヤマの一番長い8月の3  ロザリンド戦記

8月12日(日)のコトだったでしょうか?
(;¬_¬)ひょっとすると11日(土)かも?
今となっては確かめる術もございませんが
(在るだろw)八幡のclub CHANGEにleo la greet応援に参りまして、
最近トールさん不在の際にはレオラのベース代理を務める
ぽち君と、クマさんと記念撮影。


クリックすると元のサイズで表示します



もう一枚ピンボケですが、本番前にリハ中の
レオラをバックにクマさんがブンちゃんにすり替わった
ショット。


クリックすると元のサイズで表示します


























だからと言って、此の日の全容を解明する手懸りには
なってませんが('〜`;)

兎に角、観戦に行ったら表に出てる当日の案内看板を
撮影するのは必須だね(≧∇≦)忘れちゃダメだね。


“歌モノバンド”を自ら標榜し始めて、何処か開き直った
と云うか吹っ切れた感じのleo la greet
元来職人集団ですが、
アンサンブルの凸凹した突出が削られ、
良い意味であたかもCDを聴いてる様な
プロフェッショナルなバランスになってました。
お見事。



タグ: ROSALIND ろざり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ