思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2019/2/10

2018年10月26日(金)は  ロザリンド戦記

めっちゃ珍しいコトにAudio Treeのイケメン三浦氏が
誘ってくれたので、予定してなかったけれど
急遽Fiveへライヴ観戦に赴きました。


クリックすると元のサイズで表示します
























ミツキのbassとハリーのDrumは観る度に良くなってるよね。
哲学的な三浦氏の歌詞と歌は唯一無二だし。

ガナらずに優しく唄う三浦節、ってのも在って良い気がするけれど。

ちなみに、凸ヤマはハリーのギャグセンを高く評価していますw


クリックすると元のサイズで表示します



最近はベーシストとして観る機会が激増中のぽち氏の
弾き語り。


クリックすると元のサイズで表示します












































此の日はヤナギサケビ氏も登壇。
『片手間でやってる音楽じゃねえんだ♪』
うん(^_^;)。でもライヴハウスで一緒に演ってる連中で
片手間なヤツって…そんなに居ないと思うぞw


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ