思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2019/8/9

2019年も、はや迎えて3月の7  ロザリンド戦記

2019年3月13日(水)は
ROSALIND『空論城の住人』のジャケット・デザインと
制作を担当してくれたサニー画伯
(ひみつきち、Traffic Lightのベーシストとしてもお馴染み)
が県民会館で卒展に出品してる、と
云うので映像作品を拝見して参りました♪


クリックすると元のサイズで表示します

























さすがに撮影は出来ませなんだが、ひみつきちの
面々が小芝居するストーリー性の高いPV、的な
感じで楽しめました♪
サニーも上京して映像の仕事に携わる由。


ROSALINDがDUO化して盛岡の若人達と関わり始めた
“第1世代”が皆、羽ばたいて参りますね。

何処へ行こうがロザリは逢いに行くぜ(o^-')b
(逃げられないw)


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ