思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2020/5/7

DTM専用PC起動!  蟷螂之斧

以前にも一度、10ケ月遅れでは無く
リアルタイムでの割り込みで凸ヤマ家のPC環境
大幅刷新について触れて居りますが。

https://white.ap.teacup.com/yama-rosali/2117.html#readmore


優しい兄から新たなwin10 64bitのPCを受け取った
(コレは普段使いのメインPC)のが5月。

コイツね↓


クリックすると元のサイズで表示します













ほぼ同時期にスタンドアローンで隔離して
microsoftのお節介アプデを全て拒否する設定のwin7を
(さもないと凸ヤマ所有のProtoolsのバージョンが
 古過ぎて使えなくなると判明!)
DTM専用として同時期に貰ったのですが(無償♪)。

これが落ち着くまで大変だったんだ(屮゜Д゜)屮

それはPlug-in以前の問題で、
如何にmicrosoftの干渉を回避して超絶型落ち
Protoolsを無事に起動するか、の戦いで。


小欄でもレポの通り3ケ月連続の伊丹空港経由ツアー
真っ只中で、なかなか自宅作業が捗らないのもモチロン
ございまして。

結局のところ、



どうにかこうにか騙し騙し、win7上でProtoolsが
立ち上がったのは2019年7月14日(日)のコト
でございました(^_^;)
(生まれたての子鹿の様にw←だるまさんが好んで
 使う表現)

まあ当然そこまで…PCがクラッシュしたとか云う問題
以前に、ROSALIND9枚目『空論城の住人』完成以降、
まるきり新曲トラック制作が止まっていたコトになります。

…(-_-;)長かった。

やっと新曲を作成できる♪

ですが、Protoolsが起きた、ってだけでは
どうにもなりません。
(Protools本体のインストールだけでも
 膨大な試行錯誤とリトライを繰り返したのですがw)

此処から、STUDIO ロザリの機能を取り戻すには
たくさんのPlug-Inをインストールして
Protoolsに認識させ、関連付けて連動可能に
せねばなりませぬ。


クリックすると元のサイズで表示します











































いつ果てるともないインストール作業が続きますw


クリックすると元のサイズで表示します











































一番途方もなくデータが大量なドラム音源、
fx pansionのBFDシリーズ。
コレを使って、ラディックのベードラとか
ロジャースのスネアとかジルジャン・フォーミュラ602
のハイハット、とか選んでV-drumで引っ叩いて
入力して、ロザリのDrumトラックが出来るのです♪


クリックすると元のサイズで表示します
























や…やっとインストール完了!(未だ無事に動くとは言ってないw)


クリックすると元のサイズで表示します

























これでどうにか新曲が書けるぞ〜!

…って、出来てるアイデアはアコースティックが多いんですけどね(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します

























ま、最大の功労者は無償でPCを2台も用意してくれる
優しいお兄ちゃんなんですけどね!

(凸ヤマが小学〜中学生時分に、たくさんの
 洋楽アーティスト来日公演を観るコトが出来たのは、
 お兄ちゃんがチケット買って東京へ呼んでくれたからなんだぜ)

日本酒は剣菱しか飲みません(頑な)凸ヤマと違って
大酒飲みです♪そんな兄に、UNIQLOで剣菱Tシャツ
買って来て御礼しましたw


クリックすると元のサイズで表示します




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ