思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2020/6/16

2019年8月中旬の1  Wスタな日々

お洒落なもんが在るもんですなあ。
お洒落グッズに全く興味関心の薄い凸ヤマでも
コレは感心!

本読まないからロクな本棚無いけれど、コレCDラックに
置いても浪漫ですわ〜♪

でも買わないですけどねw楽器や音響機材とツアーに使う車
以外、『生活を彩る』系の品物に金を使う気が一切無いのでしたw


クリックすると元のサイズで表示します












































現状の生活に定住する気がない意志の顕れなのですけれど。

いつでも取り外して持ち去り可能な凸ヤマ音楽室の
フラックラーさん以外、そのテのものを増やす気は無い。
(知る人ぞ知るフタックラーさん↓)


クリックすると元のサイズで表示します

























いうて服も買いたくないんですがw裸じゃ
ツアーやライヴ行けないもんね(^_^;)致し方ない。


言ってしまえば朔太郎だって生活を豊かにしてくれる
家族、だから正直飼いたく無かったのですが('〜`;)

だが命ある彼に罪は無いし、先代ジョックの面影を
見て相模原のペットショップで思わず朔太郎を
レスキューしてしまった娘の心情も理解出来るので、
この点だけは止む無く妥協。



クリックすると元のサイズで表示します











































『…へ?僕のコト?』と珍しくカメラ目線の朔太郎氏。


…(;¬_¬)え?たまにオタクな二次元グッズ無駄遣い
してねえか?ですって!?…(-_-;)放っといてクレ。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ