思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2020/7/3

2019年酔い歌  観戦記録(応援に行ったライヴ)

2019年9月11日(水)は西くんとみかこ後輩が主催する
アコースティック企画“酔い歌”を聴きにfiveへ♪


クリックすると元のサイズで表示します











































ロザリと抱き合わせ販売になりがちな色物公演から、こうした
弾き語りイベントまで、オールマイティに潰しが効く
我らがtrack out queenであります。


クリックすると元のサイズで表示します



Jはアコギで演ってもバンドでやっても曲想は殆ど変わりません。
新バンド・SCALEOUTの活動も軌道に乗り、ソロ活動にも
余裕が感じられる様になりました♪


クリックすると元のサイズで表示します











































ゴールドルーキー・ナンバーはキラーチューン揃いなので
弾き語っても戦闘力は高いです。それに加えて
キャッチーなカバーも折り混ぜて参ります
ニコラス・セオイ


クリックすると元のサイズで表示します











































あ、小林くんとミカコちゃん写真無い(^_^;)ご容赦。


主催者の一人leo la greetリーダー・バロン西くん。
最近、西くんの弾き語りはギリギリのキーで
絶叫すればそれだけで客席を摑めるズルいワザを
会得して居りますwIMPACT凄い♪


クリックすると元のサイズで表示します











































酔い歌、良い歌ってなコンセプトから参りましても、
ロザコがこの企画に呼ばれることは未来永劫無さそう
ではございますがw豪華なメンツの弾き語りで
楽しい夜でございました♪




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ