思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2020/8/22

到着メロディ完成打ち上げ  Wスタな日々

2019年9月26日(木)。
凸ヤマは將ちゃん紹介しただけで、ほとんど
大したことはしてないんですが
このプロジェクト
https://white.ap.teacup.com/yama-rosali/2261.html#readmore
が無事成功したのを祝う打ち上げまで参加させて
貰っちゃいました(^_^;)なんか悪いなあ。

出世頭・桜木町のトシ君と將ちゃんと3人で
美味しいお料理を頂戴し、
帰りにはお土産の寿司折りまで。
(昭和の頃は酔っ払った父が飲み会帰りに寿司折りを手に提げて
 上機嫌で帰宅、な〜んて場面も記憶にございますが
 今や回るお寿司ばっかりの凸ヤマは
 “寿司折り”自体物凄い久々に目に致しましたw)


クリックすると元のサイズで表示します

























本町通り 鮨 一の◯さんは釜石とも縁の深い方と
お聞きしてます。前にも書いた気が致しますが
ガリがユニークで、一般的なショウガでは無く
盛岡産のリンゴを活かした
リンゴ・ガリなのでアリマス。
お料理にもアクセントとして多用されて居りました。

どちらかと云うとリンゴ・マーマレード的な
雰囲気で、その手のモノの“甘さ”が気になっちゃう
凸ヤマ的にガリそのものは好みとは申せませんが
(下戸の甘党のクセに、食事や料理は甘さが
 強調されると苦手と云う我儘っぷりwしょっぱ好きなのです!)
地産地消に向けた創意工夫の姿勢はお見事でリスペクト!

お料理とお寿司は素晴らしゅうございましたよ?
((^_^;)自腹では行けないかな〜♪)




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ