思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2010/1/15

プロローグ・ロザリへの道  だるま物語(Foot step of Rosalind)

『だるま ものがたり』
 Foot Step of 
      ROSALIND

序章
 〜ロザリへの道〜
    プロローグ

岩手県北、もはや文化圏としては 
青森八戸の方が近い
二戸市金田一。

座敷童の出没がウワサされ 厳しい気候条件と
引き換えに
四季折々の体感や風景もひときわ克明な 
箱庭の様に美しいその街で

宇宙はそこに在る、と思える
広い広い空に精一杯手を延ばし
クリックすると元のサイズで表示します

ご両親やたくさんの兄姉に
甘やかされ放題甘やかされる末娘として育ち

華奢で小さく泣き虫な少女は

“梅の花の様だ”と噂され

ASSOCIATIONの名曲『Windy』に合わせ
チリ打ち振り回して家中踊り歩く

やがて

クリックすると元のサイズで表示します
美味い蕎麦や
風味絶佳の“丹一パン”をほおばり
合唱とバスケット・ボールに明け暮れ



いつしか

学校で『ズンタ』の愛称で呼ばれ


憧れの先輩から告白された途端
『・・・気持ち悪い(;¬_¬)』と拒絶して
奈落の底へ突き落し
(その先輩生涯のトラウマとなったで
    あろう事は、想像に難くない)

『Tシャツはちゃんと体操着のズボンの
 中に入れろ!』と指導する体育教師に
『イヤですo(^-^)o ♪』
と答え、校庭を飛び出し

追う先生と
町内じゅう駆け回る逃走劇を演じ


“余りにも立派だ”と
『ズンタふくらはぎ保存会』なるものが
創られる程、壮健な体躯を誇るまでに成長し
(当時から特定マニアの熱烈支持を得て)

自然児の資質健やかに

アウトローの素養着々と

(…だが思春期や娘盛りが訪れることは無いまま)


名門進学校開闢以来初の“進路未定者”となり
校長教頭以下、進路指導の先生までを恐慌状態に陥れ


必死の指導も頑として跳ね除け
結局
就職も進学も選択せず
時代を15年は先取りした“元祖フリーター”
の道を開拓、単身上京し

そこでアウトローの資質が開花したものか、

これまた当時未だ現代ほどに市民権を
得て居ない
インディーズBANDに興味を惹かれ

気の向くまま全国の公演を観戦に
飛び回る日々を送り始める

だがこの時、それが
客席からステージを眺めて居たい
のでは無く
潜在的に
そのステージ側に立ちたい
と云う希求で在った事を

本人が自覚するには まだ若干の時間を要した。





2010/1/18  16:36

投稿者:凸ヤマ

“特定マニア”キタコレw

2010/1/18  8:56

投稿者:ボヴ

ふくらはぎの所で3日は想像に費やせますwww

2010/1/17  18:30

投稿者:凸ヤマ

“ネタ”過ぎて
BAND内部だけに止めて置くには
勿体無いw(^_^;)
姐さんのプライバシーや名誉
に関しては・・・
( ゚Д゚)シラネw

2010/1/17  18:15

投稿者:ゆうき@ロザリ

この序章、一つ一つ詳しく聞くと3日は笑ってられる話ですよね☆

2010/1/17  0:06

投稿者:凸ヤマ

ぎゃぼー(^_^;)
うみすけどんキタw

なかなか“ロザリ結成”まで
辿り着かないですよ、きっとw

2010/1/16  23:48

投稿者:うみすけ

うーん、ワクワクしますね。
だるま ものがたり。
発刊はいつなんだろー?(笑

2010/1/16  21:12

投稿者:凸ヤマ

( ̄□ ̄;)!!姐さん発見早ッ!

暫く見つからないとオモタのに('〜`;)
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

んでも本人の許可も出たみたいだから(^_^;)
思いっきり書こう♪

伝記てオモロイw

2010/1/16  21:07

投稿者:だるま

おいおい!
いくらだるまのこれまでの人生が長いとはいえ、あまりにもハショリ過ぎでしょ(笑)

まあ、本人が書く気がないところを代筆してくれてるのだから
文句は言うまい!!

おもしろおかしく、お好きなようにどうぞ♪
まかせた(^^)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ