浦島太郎

2009/7/9 | 投稿者: yossy

会社が機材の更新をした。

その中に、音源編集用のモニタースピーカも含まれている。

「dynaudio BM-12A」なる1品。



クリックすると元のサイズで表示します



















ちょうど祭りの音源作成に間に合ったので早速実戦投入。

昨日から小音量で鳴らし続けてとりあえずのエージング済み。


‥(試聴中)


‥うゎあ、びっくりした。

今までJBLの4343Bで頑張ってやってきたけれど

こんなに世界が変わる世の中になっていたんだ。目

とりあえずエージングが済んで低音が太くなってきたので

低音だけ2dB押さえて、smaart掛けてみることにした。

クリックすると元のサイズで表示します



















いや、部屋の反射とかはありますが

非の打ち所がありません。


特筆すべきは、この後やっていた音源編集で

35Hzのローカットを試しにかけてみたら

そのON/OFFが判断できるんですよ‥


口径は8インチのはずなんですけど‥

Meyer 650P並みの低域解像度ですわ‥


音質を判別するものがグレードアップしたら

人間も進歩しないといけませんなぁ。

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ