最悪〜!!

2006/4/14 | 投稿者: yossy@黒ヒゲ将軍

平日釣行を企て晴れの日を狙って休みにしようとしたのが
裏目に出て、休みの前にかなりな雨量を記録してしまった。
起きて準備し牛屋島大橋の上から旧吉を見ると微妙な濁り方。
それを見てMダムへと行き先を変更する。


Mダムも濁っていてスロープでは浮きゴミ撤去中だったが
目の前で良さそうなライズが繰り返され雰囲気は良い。
近場のワンドへ入るが雰囲気とは裏腹に反応は全くなかった。
一気に最上流へ向かうと途中から水がクリアに戻った。
しめしめと思い流してくるが反応ないのは変わらない。
昨年良かった潅水ブッシュの付近で2バイトあるが捕れなかった。
雨もやや強くなり昼過ぎに撤収を決める。

事件はここから起こった。
スロープがゴミをせき止めるための木材で塞がっていたが
昼食休憩中で誰もいない。人力でトレーラが降ろせる程度は自力で
移動できたので揚げようとしたがトレーラと牽引車がやや曲がっており
ウィンチハンドルがリアのスペアタイヤに当りベルトが出せない。
一旦船を降りて車に乗り込んだ私は何気にバックにギアが入ったまま
動かそうとし、慌てて急ブレーキを踏んだ。

そうです、トレーラに乗りかけた船は再出航してしまいました。

ロープ類、タックルは全て船の中だし無風でこちら側へ流れて来ない
どころか放水中で船はゆっくりながらダム方向へ流れていく。
近辺に使えそうな道具がないのを見た私は、即座に車の運転席で
着ている服を脱ぎ、パンツ一丁で泳ぐ決心をした。
水温13〜14度で気が張っていたこともあり寒くはなかった。
ほんの10m程泳いで船を捕まえトランサムから上がり込むことができ
自力でトレーラーに載せその後は何事もなかったように船を上げて
車の中をヒーター全開にして服を着込みそのまままっすぐ帰った。

帰りの道中ノーフィッシュだったことよりも自分が情けなかった。
教訓 トレーラー上架の際も離れる際は船をもやっておく事ですわ。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ